脱ストリートファッション初心者!玄人が好む5つのブランドとその共通点を紹介!

ストリートファッション

アウターはショート丈が好き、パンツはスラックスが好き。好きな色はブラック!好きな言葉はシンプル・イズ ・ベスト!CHILLCHAIR小玉悦史ですこんにちは!

ストリートブランドって、年を重ねていくと派手な色使いやデザインが気になって着れるブランドがなくなってきませんか?

名前を知っていたり、名前を聞けば「あー、このブランドね!」と分かる方もいるとは思いますが、

 

・最近の若者向けのストリートブランドはカッコイイけど、30代で着るには少し抵抗がある

・30代でも着れる渋めのストリートブランドがあるなら着てみたい

・ストリートファッションは好きだけど、SUPREME、STUSSY、X-LARGEくらいしか知らない

 

と、こんな方も多いのではないでしょうか?

僕自身もいっとき、何を着ればいいのか全く分からなくなる時期がありました(笑)

今回はそんな30代でもカッコよくキマるストリートファッションのブランドを探している男性に向けて、

 

  • 玄人が選ぶストリートブランドはどんなブランドがあるのか?
  • それぞれの持つブランドの歴史や特徴と何がオススメなのか?
  • 玄人が選ぶブランドの共通点や理由

 

を徹底的に解説しました!

周りの友達や知り合いが着てない珍しいストリートブランドを探している20代の男性にも楽しめる記事になっています!

まずは、そもそもストリートブランドってどんな歴史なのかのご紹介です!

 

1、ストリートファッションの歴史 – 1980年代から現代まで振り返ってみた

簡単に言えば、街中にいる若者たちの間で流行り出したことからストリートファッションと呼ばれています。

まず、80年代アメカジが流行っていた時代です。

ストリートファッションの流行りは映画や音楽から影響受けることが多いので、当時の映画などを見ると流行りが良くわかります。

映画「トップガン」のヒットにより、ミリタリー色を取り入れるのも流行りました。

 

映画「トップガン2」間違いなく作るとトム・クルーズが発言!来年にも撮影開始! より引用

 

ちなみに、写真の「トム・クルーズ」が映画の中で着用しているジャケットがこちら☟

本物志向 トップ・ガン レザー・ジャケット(革ジャン) | 革ジャンのマックス・ケイディ より引用

フライトジャケット(G-1)です。

この映画が公開された当時、トムクルーズのあまりのカッコ良さに日本でもトップガン仕様のフライトジャケットG-1が一大ブームになり、パッチを多く貼り付けたG-1を着る男性が大勢居たそうです。

 

僕的には、パッチワークはあまり好きではないですが(笑)

 

そんな僕も個人的にミリタリーが好きで、最近ヘビロテのお気に入りのミリタリージャケットがこちら☟

USNAVYジャケット資料 より引用

アメリカ海軍の現用デッキジャケットです。

個人的に胸元の黒のベロクロパネルの感じがそそられます(笑)

寒冷地仕様の厚みのあるキルティングが加工されているので、まさに今時期のアウターとして最適です!

首元を覆う立ち襟とかは普通にツボです(笑)

 

90年代になると今のストリート系により近くなります。

スケーターファッション、ダボダボのヒップホップファッションに身を包む人が増えました。

 

ウータン・クラン、UKでフルメンバー集結! | bmr より引用

 

スケートボード界の “90’s SPECIAL”【ストリートの黄金期 90年代をpick up!】 | スポタカスケートボードショップ 大阪 より引用

僕自身も当時中学生で、まさにダボダボなストリートファッションに身を包んでいた一人であることは間違いないです(笑)

思い返せば、太っといデニムのGUESSのバギーパンツかDickiesのパンツに、オーバーサイズ過ぎるCarharttのTシャツやロンT、カバーオール、アウターはFILAのナイロンジャケットかColombiaのマウンテンパーカー、スニーカーはNIKEのコルテッツやエアマックス95~97などetc…

めちゃくちゃ懐かしいです(笑)

 

2000年代になると80年代90年代のファッションが復活し始め、ファッションブランドでも率先してストリート系のアイテムをデザインするようになりました。

 

あの頃に憧れていた「裏原系ブランド」 – Middle Edge(ミドルエッジ) より引用

まさに、裏原ストリート全盛期の時代ですね!

僕も休みの日は裏原に行くことがルーティーン化されていましたね(笑)

 

2、玄人が選ぶ5つのストリートファッションブランドを徹底紹介

ここからは玄人が厳選した5つのストリートファッションブランドをご紹介していきます。

 

2-1 究極のベーシック「THEE」 

【THEE/シー】新作入荷しました。 | Uncut Bound | Uncut Bound 新宿 | 上野商会公式ブログポータルサイト より引用

 

ブランド本拠地 日本/兵庫県
デザイナー 不明
SNS 不明
ホームページ 不明


THEE 2018年春夏コレクション より引用

2015SSコレクションでデビューを果たしたのが「THEE(シー)」です。

「究極のベーシック」をコンセプトとするこのブランドは、無駄を削ぎ落としたデザインとユニークなカッティング、そして心地よい素材感が特徴です。

合わせる服を選ばない応用の効いた感じと、しっかりとした存在感があるラインナップは、多くのファッショニスタから注目を浴びています。

「THEE」は昔の文脈にしか使われなくなってしまった言葉で、いわゆる古語の 「you」に由来しています。この言葉の理由としては、人と人との繋がりというものが根本にあります。

人と人との繋がりというのは、一人称(I)と二人称(YOU)という関係性から始まり、ブランドを通して「あなた」という対象に向かい、「いろんな人の出会いや繋がる事のキッカケにしたい」と考えられたのが理由です。

デザイナー自身は90年代のカルチャーが好きで。「ラフ シモンズ」「シュプリーム」、そして「ナンバーナイン」などのブランドや、ヒップホップやグランジなど、90年代のすべてが刺激的で面白かったそうです。

ただ、あくまで『THEE』のデザインは、常に今の時代を意識しているみたいです!僕も個人的に『THEE』のパンツを持っているのですが、履き心地がめちゃくちゃ良いです!一度着るとやみつきになります(笑)

『THEE』はデザイナーのこだわりでもあり、シルエットを全体的に少し大きめのサイズ感にしているところがストリート感が出ていておすすめです!

 

『THEE』に関してはこちらの記事で詳しく解説しています!

合わせる服を選ばないブランド『THEE』の特徴と魅力を徹底紹介!

2019年12月30日

 

2ー2 ドイツのスケートカルチャー発信源 「Civilist」

Civilist Berlin より引用

ブランド本拠地 ドイツ/ベルリン
デザイナー Fergus “Fergadelic” Purcell(ファーガス・ファーガデリック・パーセル)
SNS

Instagram @civilistberlin

ホームページ https://civilistberlin.com/

 

Civilist Berlin より引用

Civilist Berlin  より引用

 

Civilist Berlin より引用

2009年、ドイツのベルリンにオープンしたスケートブティックで、ミュージシャン、アーティスト、スケーター、BMXライダーなど、あらゆる種類の人々が会うことができる場所が「Civilist Berlin」です。

ショップオーナーの「アレックス・フラッハ」「アンドレアス・ヘッセ」が、スケート・ショップ、ストリート・ウェア・ブティックの一部として美術展や出店ができる場所を造りたいと考えてお店を作ったそうで、以前はアートギャラリーとして使われていた場所を、コンクリートの床のコーティングをそのまま残し、50年代の壁のユニットといくつかの家具を追加して作り上げたショップです。

「PALACE」「Fucking Awesome」「NIKE SB」など、名だたるブランドのセレクトとしても知られています。

リアルなスケートカルチャーを背景とした独創的なアートワークが特徴です。日本国内でも限られた店舗でのみ展開されています。

 

Civilist Berlin より引用

↑こちらは『Civilist』「CONVERSE」のコラボアイテムです。

僕も履いてるのですが、スケートシューズでも生地がレザーなので高級感があって、インソールにナイキ独自の「ルナロン」というめちゃくちゃ軽くて柔らかい反発性に優れたクッションが入っているので、一日履いてても足が全然疲れないんです!

BRAND LIST > CONVERSE(コンバース) > CONVERSE コンバース One Star Prime Leather ワンスター プライムレザー ブラックの類似商品 より引用

 

Civilist Berlin より引用

おまけにヒール部分とシューレースの先端部分にブランドロゴを入れていていちいちお洒落です(笑)

大人だからこそ履きたくなる洒落た1足です!

『Civilist』上質で大人なスケートブランドを好む玄人にオススメのストリートブランドです!

 

2ー3 ヒップホップとミリタリーの融合ストリート 「OAMC」

OAMC / オーエーエムシー 正規通販 | ALTERFATE より引用

ブランド本拠地 フランス/パリ
デザイナー Luke Meier (ルーク・メイヤー)
SNS Instagram @oamc_official
ホームページ http://www.oamc.com/

OAMC より引用

「Supreme(シュプリーム)」の元ヘッドデザイナーLuke Meier(ルーク・メイヤー)が立ち上げたメンズブランドが『OAMC(オーエーエムシー)』です。

フランス、パリを拠点とし2014年にスタートさせたファッションブランドです。伝統的な高水準の職人技を守りながら、ヒップホップとミリタリーを融合させたスタイルが特徴です。

ラグジュアリーな素材を使用し、モダンで構築的なデザインに機能性を充実させたメンズウェアを展開しています。

フランス・パリを拠点とするデザインチームと、イタリア・ミラノを拠点とするプロダクションチームから構成されていて、プロダクトは、フランス、ポルトガル、日本において限られた数量のみ生産されています。

OAMCより、スイス軍ジャケットのリワークアイテム登場 – ファッションプレス より引用

 

OAMCより、スイス軍ジャケットのリワークアイテム登場 – ファッションプレス より引用

こちらは、スイス軍のミリタリージャケットです。

背中に刻まれた

「PEOPLE FOR PEACE」

は、世界平和を願うデザイナーの想いが込められているそうです。

supremeのヘッドデザイナーだけあってモダンな感じを出しつつストリートな心を忘れないところが、文句なしにシンプルで普通にかっこいいです!

モダンで機能性の高いストリートブランド好きな玄人にオススメです!

 

『OAMC』に関してはこちらの記事で詳しく解説しています!

『OAMC』の特徴と魅力を徹底紹介!「ルーク・メイヤー」の歴史も調べてみた!

2019年8月25日

 

2ー4 フランス発高感度ストリート 「HELAS」

ヘラスリミテッド| ヘラス。 より引用

ブランド本拠地 フランス/パリ
デザイナー Lucas puig(ルーカス・プイグ)
SNS(Twitter、Instagram) Instagram @helas_caps
ホームページ https://helascaps.com/

Lookbook | Hélas. より引用

フランス発ストリートファッション「Helas/へラス」は、「adidas skateboarding」「Cliche」のプロライダーとして活躍している、PALACE所属の名スケータールーカス・プイグによって立ち上げられました。

 

今、この「Helas/へラス」のプロダクトがヨーロッパを中心にスケーターだけにとどまらずファッション感度の高い人からも注目を集めています。

Lookbook | Hélas. より引用

僕的には、この写真みたいな大人な悪い感じの雰囲気で、でもただのヤンキーっぽくなく、洒落た感じに魅せることができるので、一味違う上品なストリートブランドになっていると思います。

こてこてなストリートファッションに飽きた玄人にオススメです!

 

2ー5 新進気鋭の東京代表ストリート 「F-LAGSTUF-F」

f-lagstuf-f website | welcom to f-lagstuf-f website より引用

ブランド本拠地 日本/東京
デザイナー 村山靖行
SNS(Twitter、Instagram) Instagram @f_lagstuf_f
ホームページ http://flagstuff.jp/

2017 AUTUMN/WINTER | f-lagstuf-f website より引用

 

2018 AUTUMN/WINTER | f-lagstuf-f website より引用

FLAGSTUFFは東京屈指のヴィンテージショップBerBerJinの元バイヤー 村山氏が“Impartial to Everything(何にもとらわれないボーダレスな物づくり)“をコンセプトに2014年にスタートしました。

一切のPR活動を行わず、Instagramのみを活用することで、高感度な人々を中心に、東京のストリートシーンに浸透させました。

また、宣伝の仕方のみならず、80’s~90’sカルチャーを吸収し、彼らなりのフィルターを通してアウトプットされるグラフィックやスタイルは、現代の東京を象徴するような存在でもあります。

ミリタリーやアウトドアなどの要素を含んだ、プリントアイテムを豊富に展開しています。

 

【セール】【別注】<FLAGSTUFF> LOGO CAP/キャップ (キャップ)|BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS / ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ ファッション通販 タカシマヤファッションスクエア より引用

こちらは、FLAGSTUFFBEAUTY&YOUTHのコラボのキャップです

僕も長いこと愛用して被ってるのですが、まだ飽きないです(笑)なんで飽きないかと言えば、やっぱりシンプルだからですね。(笑)

シンプルだけど、なんかバランスがいいんですよね!今は、他にも気になるキャップが無いか探し中です(笑)

遊びの効いた独自のストリート感が欲しい玄人にオススメのブランドです!

3、玄人好みのブランドはベーシックでシンプルだから渋い

僕なりに5つのブランドに共通して言えることは、どれも、極めて「ベーシックでシンプル」だということです!

 

30代になると、20代の頃のような派手なファッションはどうしても抵抗があると思います。

だからと言って、控えめな格好にしてしまうと、ただのおっさんみたく見えてしまったり

かといって、色を使いすぎるとごちゃごちゃしてしまって、なんか子供っぽく見えてしまったりしてしまうと思います!

 

けど、

  • ストリートな格好をしたい!
  • ストリートカルチャーが好き!

という方には、今回の5つのブランドはオススメです!

 

だって、ストリートなのに、どれもベーシックでシンプルなデザインだからです。30代だからこそ、欲しがる渋めのブランドなのではないでしょうか!

 

4、まとめ

今回は、玄人が好むストリートブランドの魅力をお伝えするため、

  • 玄人が選ぶストリートブランドはどんなブランドがあるのか?
  • それぞれの持つブランドの歴史や特徴と何がオススメなのか?
  • 玄人が選ぶブランドの共通点や理由

をご紹介しました。

 

まだまだ、たくさんオススメしたいブランドがあるのですが、今回は5つのブランドに厳選してみました!

 

ぜひこの機会にチェックしてみてはいかがでしょう?

 

買い物は計画的に(笑)

 

chillchair koenji south. shop manager 小玉悦史