ダサさとかっこよさのギリギリを攻める『F-LAGSTUF-F』を徹底分析!ダサかっこよさの詰まったアイテムも紹介します

ストリートファッション

どうもこんにちは!

30過ぎてもストリートブランド好きなCHILLCHAIR小玉悦史です。

初めて『F-LAGSTUF-F』を発見したのは、みなさんもご存知、beauty&youthです!

その時は、たまたま見つけたので、どんなブランドなのかもわかりませんでした笑

F-LAGSTUF-F』は見たことあるけど、シンプルなデザインで黒ベースにワンポイントで白地のロゴだけの物もあれば、攻めたデザインでネオンカラーにアニメキャラをプリントした物もあって、一体どんなブランドなのかイマイチ分からない

って感じですよね!

 

いろいろ調べてみて分かったことは、

シンプルだけどダサかっこいいストリートファッションのブランドを探している方にオススメ

だということです!

 

そこで今回は、F-LAGSTUF-F』の特徴と魅力を紹介します!

  • F-LAGSTUF-F』はどんなブランドなのか?
  • F-LAGSTUF-F』のデザインについて
  • F-LAGSTUF-F』のおすすめアイテム

を書いています。

 

ぜひ、最後まで読んでください!

 

1、『F-LAGSTUF-F』ってどんなブランド?

f-lagstuf-f website – welcom to f-lagstuf-f website より引用

ブランド本拠地 日本/東京
デザイナー 村山靖行
SNS(Twitter、Instagram) Instagram @f_lagstuf_f 
ホームページ http://flagstuff.jp/

『F-LAGSTUF-F』は東京屈指のヴィンテージショップBerBerJinの元バイヤーの村山氏が2014年にスタートしました。

“Impartial to Everything(何にもとらわれないボーダレスな物づくり)“をコンセプトにしているこのブランドは、

シンプルかつダサかっこよくてわかりやすくストリートに落とし込んだデザインとデザイナー自身の服作りの楽しさが伝わってくるのが一番の特徴です。

2019 SPRING/SUMMER – f-lagstuf-f website より引用

『F-LAGSTUF-F』は、一切のPR活動を行わずに、Instagramのみを活用することで、高感度な人々を中心に、東京のストリートシーンに浸透させました。

また、宣伝の仕方のみならず、80’s~90’カルチャーを吸収し、彼らなりのフィルターを通してアウトプットされるグラフィックやスタイルは、現代の東京を象徴するような存在でもあります。

ミリタリーやアウトドアなどの要素を含んだ、プリントアイテムを豊富に展開しています。

 

これは僕が思う事なのですが、

『F-LAGSTUF-F』のアイテムは、コンセプトの“Impartial to Everything(何にもとらわれないボーダレスな物づくり)”にもあるように、デザイナー自身だけの考えだけでデザインするのではなくて、必ずと言ってもいいほどいろいろな人やブランドとコラボしているのをみると、いろんな意見やアイデアを出し合って協同制作するのが楽しいと思うし、それがデザインとして形になるのが楽しいんだろうなーと感じます!

だからこそ、一つ二つと想像の世界を超えてくるデザインが作られていろんな世代の人から人気があるのではないでしょうか!

2、ダサかっこよさをストリートに落とし込んだデザインについて徹底分析

こちらでは、

  • ストリートのみならず他のブランドではまず使わなそうなあからさまにダサい素材
  • ダサさをも上回る「ディテール」「サイズ感」「色使い」のかっこよさ 
  • 全てを凝縮させたストリート感

について解説していきます!

 

2ー1 ストリートのみならず他のブランドではまず使わなそうなあからさまにダサい素材

まずは、こちらをご覧ください!

f-lagstuf-f website – welcom to f-lagstuf-f website より引用

 

f-lagstuf-f website – welcom to f-lagstuf-f website より引用

 

f-lagstuf-f website – welcom to f-lagstuf-f website より引用

これ、パッと見、ダサいですよね(笑)

 

どれもストリートのみならず他のブランドではまず使わなそうなあからさまにダサい素材を躊躇なく使用しています!

ポップでチープなデザインはその素材だけで見たら、けっしてカッコイイとは思えませんし、正直欲しいとは思えません(笑)

子供ならまだしも、30歳を過ぎたおっさんにはポップでチープなデザインはなかなか抵抗があります(笑)

 

2-2 ダサさをも上回る「ディテール」「サイズ感」「色使い」のかっこよさ

 

これだけダサい素材を使っているのにもかかわらず、なんかカッコイイですよね?
 
どのアイテムも、ダサさを上回る程の「ディテール」「サイズ感」「色使い」に拘りがあります!
 
 
ディテールで言えば、流行りの90’ファッションのテイストに合わせて袖にプリントを入れてリブ有りにし襟元もクルーネックでベーシックな男臭さを出しています。
 
サイズ感に関しても、肩をワザと落としてゆるいサイジングにし、程良くゆとりを持たせて絶妙なストリート感を出しています。
 
色使いは、近頃人気のネオンカラーを差し色に使用していて、アイテム自体をベーシックなデザインにしているからこそ、独自のディテールがさらに際立っています。
 

2-3 全てを凝縮させたストリート感

最後にこちらをどうぞ!

文句無しの仕上がりですよね?笑

こちらの映像で着用しているのは、2018年春夏のコレクションアイテムです!

メキシコと日本のサブカルチャーを『F-LAGSTUF-F』独自の価値観でデザインしたものです。

デザイナ-の村山氏の旅の経験から起用されたアニメモチーフの架空のキャラクター、「Dream and reality girl」のアートワーク、メキシコの国鳥の鷹と国花のダリアなどをデザインとして起用しています。

ミリタリーやアウトドアの要素を取り入れたディテールのアイテムが多くラインアップされていて、古着と合わせても面白そうですね!

映像の撮り方はもちろん、撮影場所もかなり攻めたディープでアンダーグラウンドなストリートな場所を使っていて、男心をくすぐられます!笑

モデルの雰囲気や髪型も野暮ったい雰囲気で90’ストリートを感じさせてくれますね!

「ダサさ×ディテール、サイズ感、色使い×ストリート感」

これぞまさにダサさとストリートの融合ではないでしょうか!

ここまでダサさとカッコよさの振り幅のあるブランドはなかなか見たことがありません笑

これは、服だけの話ではなく、全てをトータル的に見た時にストリートを感じるということです!

まさに『F-LAGSTUF-F』にしか出せないストリートな世界観がひしひしと伝わってきます!

もう、ダサかっこいいとしか言いようがないですね~笑

 

3、ダサかっこいい2つのおすすめアイテムを紹介

ここでは、

数ある『F-LAGSTUF-F』のアイテムの中でも、僕が特にいいなと思うアイテムを紹介していきます!

 

3-1 ディテールに拘り抜いた 3M NYLON PONCHO(BLACK)

View this post on Instagram

2018SS

A post shared by @ f_lagstuf_f on

View this post on Instagram

2018SS

A post shared by @ f_lagstuf_f on

こちらはオーバーサイズで作られたナイロンポンチョになります!

キャンプやフェスなどのアウトドアなシーンを意識して作られた一枚は、急な天候の変化に対応出来るようジャケットの上からでも羽織れる大きいサイズ感になっています!

要はレインコート、いわゆる「カッパ」ですね笑

※ここで余談ですが、「カッパ」はポルトガル語の「capa」が語源です!

capaはポルトガルのキリスト教の宣教師が着ていた洋服のマントのことで、羽織って雨風を凌ぐための道具だったそうです!

意外と知らないですよね!?笑

もちろん、ただのカッパとは違ってディテールの拘りがスゴイんです!

 

3M NYLON PONCHO(BLACK) – Four Store より引用

まず、ジップの使い方がヤバいセンス良すぎです!笑

ぱっと見で上と下の画像では、フォルムが全く違いますよね?

これ、サイドに付いてるジップを切り替えるだけで、ポンチョとマウンテンジャケットの2wayの着方ができちゃうんです!

あと、個人的にはフロントのジップを、ど真ん中じゃなく、ちょいずらして2本ラインにし、左のジップは曲線を描きながら下まで外せるようにして、右のジップは胸のポケット辺りでワザと止めて、両方のジップを開けた時にインナーをチラ見せ出来る感じとかは最高です!

良い意味で無駄なジップの使い方に絶妙なセンスを感じますね!

 

そして、無駄と言えば、このポケットの数です!

これが有る無しでは、デザインそのものが全く別物になってしまって、無いと割と普通っぽく見えちゃって面白くないですよね?

このポケットが有ることによって、ミリタリーっぽさが出てストリート感が一気に増します!

単純に僕的にはツボです!笑

3M NYLON PONCHO(BLACK) – Four Store より引用

そして最後は、ステッチの裏面に隠されたブランドロゴです!

全体に入っているので、フロントのジップを開けた時にチラッと見えたり、着ているときでも裾がめくれたりしてさりげなく見えたり、脱いだ時にふと目に入ってくる感じは、シンプルだけどしっかりブランドが分かるように工夫されていて流石のデザインですね!

見る人が見れば分かる、みたいな感じがめっちゃシャレてます!

 

機能的な部分でも、内側に付いている肩がけストラップを使って気候の変化に合わせて背負う事が出来て濡れたポンチョを乾かせたり、ストリートから本格的なアウトドアシーンまで対応する機能と防水性をも兼ね揃えているあたりも魅力的ですね!

 

そもそも「カッパ」ってぶっちゃけダサいイメージですよね?笑

最近はそれなりにおしゃれなデザインのカッパもあるとは思いますが、、、

僕はここまでディテールに拘った「カッパ」はまだ見たことがありません。

雨の日に外に出かけるのが楽しくなりそうな一品ですね!

3-2 色使いと柄が絶妙な “EYE” COACH JKT

View this post on Instagram

2018SS

A post shared by @ f_lagstuf_f on

View this post on Instagram

2018SS

A post shared by @ f_lagstuf_f on

こちらは、いわゆるコーチジャケットになります!

カラーは、ターコイズブルーとホワイトの2カラーです!

※ここで、またまた余談ですが、コーチジャケットという名称の由来は、元々アメリカンフットボールのコーチがこのタイプのジャケットを羽織っており、それを「N.W.A.」や「Public Enemy」といったHIPHOPクルーが見つけてストリートウェアにし、その後「コーチジャケット」と呼ばれるようになったそうです!

なるほどって感じですよね!

今や、コーチジャケットはストリートでは欠かせないアイテムの1つですもんね!

もちろん、普通のコーチジャケットとは違って、色使いと柄の入れ方が上手いんです!

このジャケット、パッと見、良い感じにバランスよく柄が入ってますよね?

でも、よぉ〜く見てみてください!

よく見ると、全ての柄が、F-LAGSTUF-Fオリジナルのアニメモチーフになっているんです!笑

普通にアニメだけに焦点を当てると、シンプルにダサいですよね!笑

ですが、そのアニメモチーフを迷彩柄っぽく配列し、白黒にすることで、そんなにアニメ感を主張することなく、自然に馴染ませているのです!

そして、ジャケットのベースの色をネオンカラーのターコイズブルーにすることで、ベースの色味に視覚が持っていかれるので、より柄に目がいかなくなります!

僕も最初見た時、何の柄が入ってるんだろう?ってなりましたからね笑

でも、この色使いと柄の入れ方が絶妙に構成されていて、逆にめちゃくちゃカッコよくなっているんですよね!

もはやマジックです!笑

こんなにシンプルな形状のジャケットをここまで色使いと柄だけでインパクトのあるジャケットに変えているブランドは見たことないです!

普通に惚れた一品です!

 

まとめ

今回は、『F-LAGSTUF-F』の

  • ダサかっこいいデザイン

  • ディテール、サイズ感、色使いのバランス
  • おすすめアイテム

をご紹介しました。

 

他にもまだまだオススメしたいブランドがあるのですが、今回は『F-LAGSTUF-F』をご紹介しました!

ぜひこの機会にいつものファッションにプラスαで取り入れてみてはいかがでしょうか?

Let’s buy clothes!

 

ChillChair koenji south. shop manager 小玉悦史

 

玄人好みのストリートファッションブランドを紹介した記事も書きました!是非ご覧ください

脱ストリートファッション初心者!玄人が好む5つのブランドとその共通点を紹介!

2019年1月23日